スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“滅び”を共有した帝たちの黄金の妖夢 ―『安徳天皇漂海記』―

『安徳天皇漂海記』 宇月原 清明 (中公文庫)


 作者の名前があまりにもそれっぽさを主張しすぎ(偏見)…で、敬遠していたのだが、とてもステキな書評で楽しませくれるブロガーの方のコメントを見て、手を出してみた(笑)。
 紹介されていたのは別の作品だったのだが、こちらのタイトルが気になって。
 第19回山本周五郎賞受賞作だそうな。

 なんと美しく、妖しく、怖ろしく、グロテスクで絢爛、そして切なく哀しい物語か…。

 琵琶法師によって語られる『平家物語』の安徳天皇。
 波の下にも都がある、と、三種の神器とともに壇の浦の海に沈んだ平家の血筋を継いだ幼い天皇。悲劇を語るこの栄枯盛衰の物語の中でも、最も哀しい場面のひとつ。

 このいたいけな廃帝の尽きせぬ恨みが、黄金の琥珀のようなたまご型の球体に彼を包み込み、朽ちず、歳もとらず、妖しくも美しい稚児のままに、海をさすらい、鎌倉の最期の将軍実朝、遥か大宋帝国の最期の幼皇帝、そして滅びゆくその皇室の後を支配したモンゴルのクビライ・カーンに仕えていたマルコ・ポーロを巻き込んで、ついにはその昔高岳親王がたどり着いたとされる南洋の地へとたどり着くまでの壮大な奇想幻想小説。

 鎌倉源家の滅亡、クビライによる大国宋帝国の滅亡、そしてそのクビライによる2度の元寇といった史実が、神話や伝説、古典や伝記と共に緻密に織り込まれ、“滅び”を共有した若君たちの悲劇が時空を超えて結び合わさっていく。
 マルコ・ポーロのジパングに描かれる黄金、鎌倉の地を不吉な空気に染める水晶の赤、最期の宋の皇帝の切なる想いを表すガラスで模される翡翠…色彩もあでやかなればこそ、なおその哀しさが輝く。

 二部構成で広げられる世界は、一部が鎌倉三代将軍実朝の時代。

 当時歳の近い忠実な近従であった今や老僧の口から語られる物語は、吾妻鏡を引用しつつ、鎌倉に起きた天変地異や、北条氏が権力を掌握していく史実に沿いつつも、みごとに独特の実朝像と源氏断絶の悲劇を造り出した。
 実朝の和歌を随所に散りばめ、自身の運命を静かな諦念と共に見つめ、幼帝の深い怨恨をどうにか鎮められないか、心を痛めるこの聡明で無力な権力者の姿が、まるで琵琶法師の語りのごとく、近従の語りで著されていく、その空気とリズムがすばらしい。
 あっという間にその世界へ引き込まれ、共に公暁による暗殺までの実朝に寄り添っていくことになる。
 全体を通してもこの章が、「語り」としては好みだ。

 黄金の玉子から、己の兵となり挙兵を、と促す安徳天皇は、鎌倉に(ひいては日本に)不吉をもたらす存在ながら、寂しげで痛々しく、同時に鎮まらぬ神としての荒ぶる魂を抱えたまま、実朝を従えて大海へと流れていく。
 近従に神話の山幸彦が手に入れた塩乾玉と塩盈玉を託して…。

 時移り、場所移り、大元帝国クビライ・カーンによってまさに征服されなんとする宋帝国。カーン直属の巡遣使として、世界のありとあらゆる「ここだけの話」を披露するマルコ・ポーロの耳に入った件のジパングの僧の話。それは同時に「平家物語」の安徳入水の場面であり、あまりにも今の宋の状況に似ていることが示唆されて、第二部が始まる。

 すでに都を追われ、逃亡しながら空疎な帝位保持をしている大宋帝国最後の皇帝である少年の元に、金色の玉子はその姿を現わした。夜毎の夢で安徳と語り合った宋皇帝は、かしずく女たちと宦官しか残されていない環境の中で、理解しあえる友を見いだしていく。マルコ・ポーロらべネツィア人のガラス技術に頼り、安徳の玉子と対になるような瑠璃色の玉子を造らせて、元の大軍に最終決戦を仕掛けるが…。

 共に幼くして“廃帝”という境遇にある二者の交流は、誇り高く育ちながら滅びを歩んでいることを自覚するものだ。その心情が重なり合い、そろった姿は微笑ましい哀しさを帯びながら、安徳はここでも決起を促す不穏な存在としてある。
 国を失った二人の若宮が重ねられる、その構成はすばらしく、安徳のように永遠に球体の中で傷みを抱えることを切望した大宋皇帝の想いが切なく、そして予想通りに人工で造られた翡翠(ガラス)の玉子が対の存在になることはできない残酷もそのままに、宋滅亡の歴史が展開される。
 カーンの部下として河南におもむいていたマルコ・ポーロが、敵方である宋の皇帝のために持てる技術の粋を集めて翡翠の玉を作るという絡ませ方も憎い。

 そこから代々継がれてきた安徳の守護を受け持っていた「天竺の冠者」の末裔とマルコ・ポーロの、安徳に導かれる最後の旅が綴られる。
 南国の小さな島。そこにたどり着いた彼らが目撃したものは…。
 眼にもまばゆいこの世ならぬ黄金色の世界は、安徳を、そして滅亡の運命を背負った者たちを救えたのか…。

 安徳天皇がその姿を見せ、語りかけるのは、いずれも時の権力から見放され、本人の意思が思われることもなく、滅びへと向かっていく人間である。それのみならず、その滅びを自覚し、静かにその運命を受け入れている者である。
 そしてそこで決起を呼びかけるのである。

 “滅び”を共有しているからこそ安徳天皇に共鳴し、それゆえにこそそこに引き込まれ、彼の情念に染められていく矛盾を孕んだ邂逅は、哀しく温かい残酷さを持っている。
 琥珀いろの玉の中から微笑みかける、いたいけで美しい稚児の笑顔のなんと高貴で、同時に禍々しく、そして妖しい魅力に満ちていることか。

 終章でマルコ・ポーロと天竺の冠者が眼にする情景は、まさに渋沢氏の『高丘天皇航海記』を思い出すなぁと思っていたら、あとがきに、作品への熱烈なメッセージが記されていた。博覧強記、名エッセイストの渋沢氏、実は小説のこの作品が最も好きなものだ。同時に花田清輝氏の『平家物語』にも言及しており、敬愛してやまぬ思想家の名前を見いだして、なお嬉しくなっていた。

 また、カーンとマルコとの会話も、超現実主義の君主と、それを理解しているからこそ、夢とも現とも判然としない話を語る巡遣使とのやりとりが、カルヴィーノの『見えない都市』を思い出させてゾクゾクする。これまた最も好きな作品のひとつ。

 久しぶりに堅固でありながら、柔らかく壮大な幻想ものに出逢って大満足。
 解説が皆川博子氏なのもまた予想外で喜ぶ。



スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

chat_noir

Author:chat_noir
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タイム
検索フォーム


リンク
アクセスランキング
参加しています。よろしかったら投票お願いします。。




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。