FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルが殺している秀作シニカル・ムービー ~『ミケランジェロの暗号』~

『ミケランジェロの暗号』 監督 ヴォルフガング・ムルンベルガー

Mein_bester_Feindチラシ
 ナチスドイツに翻弄されるユダヤ人画廊の、まぼろしのミケランジェロのデッサンをめぐる命をかけたやり取り、ということで、早々に映画館へ。
 なんと久々の満席(!)の劇場での鑑賞となった。

 1938年ウィーン。
 ユダヤ人排斥の空気が強まる中、ドイツの画廊を没収され、ウィーンに逃れてきていた裕福な画商のカウフマン家だったが、オーストラリアにも進行してきたナチスにより、ふたたび蹂躙されていく。
 その理由は、カウフマン家には400年前にヴァチカンから盗まれたという、“まぼろしの”ミケランジェロのデッサンが所蔵されていたためだった。
 そもそも秘されていたこの絵画の存在を、画商の息子ヴィクトルが、ずっと一家に尽くしてくれた女中の息子で家族同然に育った幼なじみのルディに漏らしてしまったことが発端。
 絵画に対する知識もセンスもなく、自身の立場を卑屈に見ていたルディにとって、SSの制服を着て、優秀なるドイツ人としてユダヤ人である主人格のヴィクトルよりも高位に立てることは、その友情への後ろめたさを持ちながらも抗えない魅力であった。

 一方、ルディの上司は、ユダヤ人から没収した絵画作品をナチス高官に送り、その地位を確保している。ルディの注進は、願ってもいないアピールのチャンスだった。
 そして本部としては、この貴重な作品の存在は財産としての重要性のみならず、「汚いユダヤの手からドイツが守ったイタリアの至宝」として、ムッソリーニとの同盟を強めるための手土産として最適であり、最優先での確保の命令が下される。

 一家をスイスに逃す代わりに、ミケランジェロを要求したルディを信じたヴィクトルだったが、スイスに亡命してから所有権を主張されることを恐れた上官は、ルディの甘い思惑を裏切って、一家をバラバラに収容所に送る。

 しかし、獲得した作品は贋作だった――。
 イタリア人の前で恥をかかされ、怒り心頭の本部から絶対命令として、ヴィクトールから本物の在り処を聞きだすように、との指令が下される。この時、ヴィクトールの父はすでに収容所で死亡していた、息子への謎のメッセージを残して…。

 自分を裏切ったルディと再会したヴィクトールは、父が隠した本物の在り処を知らぬままに、母と自分を救うために、ルディに揺さぶりをかけつつ、ナチスを相手に危険な賭けに踏み込んでいく。

 果たして彼は母と自分、そしてドイツ人ながら変わらぬ愛を注いでくれる恋人を救うことができるのか、そしてミケランジェロの真筆は、どこにあり、誰の手に渡るのか――。

 ナチスの侵攻とユダヤ人対策、強盗まがいの財産の没収などが、スピーディな展開の中に、ヴィクトールとルディの友情の行方と共に描かれていく。
 友を、愛してくれた彼の家族を裏切った罪悪感を持ちながらも、やがて制服の権威にかつての友情を失い、逆ギレしていくルディ、そんな彼の気の弱さに訴えて自分たちの家族を救おうとする、どこかおぼっちゃまの暢気さを漂わせ、ルディへの憎しみと同じくらいに友情を残しつつ、彼を憐れんでいるヴィクトールとのやり取りは、絵画の確保をめぐって中央の指令に右往左往する各将校たちの自身の立身出世にくらんだ身勝手と独断とともに、どこかユーモラスな空気をもたらしている。

 当時のユダヤ人になされた横暴と残虐の事実は議論の余地はなく、いつ殺されてもおかしくないヴィクトールの状況は深刻で、まさに命を賭けた一世一代の綱渡りなのだが、彼のボンボン特有の余裕と機転とユーモアが、成りあがろうとして必死のルディと対比され、そして遠くベルリンから離れたウィーンにいる将校たちの絶妙な勘違いと合わさって、サスペンスあふれるストーリーに笑いをもたらす。(実際会場には笑いがこぼれていた)

 確かにミケランジェロの真作の行方というサスペンス要素があるが、在り処はすぐに分かるので、どうやってヴィクトールの手に戻るか、を楽しむストーリー展開となっている。
 ルディの卑怯ぶりは徹底しており、ラストのどんでん返しは、予測された範囲内ながら心地よく、そのカットシーンはとても洒落ていて印象的で、鑑賞後の気分はこの時代のこのテーマとしてはすっきりしている。

 そして、画商カウフマンのユダヤ人商人としての“したたかさ”も、実は不器用なほどに実直なドイツ人に対比させ、非常にうまく描かれている。
 とにかく追い詰められながらもどこか飄々として、ルディの心の隙を突いていくヴィクトールを演じるーリッツ・ブライブトロイが、とても魅力的だ。彼の恋人役ウーズラ・シュトラウスも、普遍的美女とは言えないが、賢明なドイツ人女性の典型として光っている。

 ひとつ、気になったことは、当のミケランジェロの幻のデッサン、(なぜか)角の生えたモーゼ像だった。
 絵の在り処をめぐっての幼なじみの命のやり取りなので、作品の内容はストーリーには関わらないのだが、その不思議な作品の内容がもう少し象徴的に絡んできていたらもっと面白かったかな、と。(西洋人でないため、その意味を取りあぐねているだけかもしれないが)

 重たいテーマを、ユダヤ人とドイツ人、裕福な子息とその使用人の息子の友情の亀裂と対立に描きながら、シニカルなユーモアに集約させた作品。
 実際に敗戦間近、次々と生み出される組織と階級、そして命令系統の混乱に、各自の地位や名誉への欲が絡んだ当時のナチスドイツの右往左往は、この作品のようにあまりにバカバカしく、笑いを誘う一面を持っていたのかもしれないと思う。
 だからこそ、行われた蛮行は、より残酷で悲惨なものとして立ち現われてくるのだけれど。
 
 しかし、邦題がまったくよくない。
 『ダ・ヴィンチ・コード』にあやかろうとしたのか、なぜこれが『ミケランジェロの暗号』になったのか、作品を台無しにする変換だ。はっきり言ってセンスを疑う。

 原題は、『Mein bester Feind』。直訳すれば「私の最高の敵」とでも。
 そのままでよかったのでは?

 まあタイトルはともかくとして、作品としては一見の価値あり。
 久しぶりに全編ドイツ語であったのも、やはりナチス時代のものとしてはよかったし。



スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chat_noir

Author:chat_noir
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タイム
検索フォーム


リンク
アクセスランキング
参加しています。よろしかったら投票お願いします。。




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。