FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極秘任務がもたらした“遺産”の重み ~『日輪の遺産』~

『日輪の遺産』 監督 佐々部清


The_Regacy_of_The_Sunチラシ
 原作者浅田次郎氏が、「はじめて編集から好きなものを書いていいよ、といわれて書いた作品、これが今の自分をつくったひとつの転機」というようなことを映画公開の際のどこかのインタビューで語っていたので、ちょっと観たいな、と。
 
 終戦も遠くなった現代、とある私立学校の卒業式に出ていた地方の大地主で学校の設立者の老人が事切れる。
 その通夜の晩に、伴侶であった祖母が孫とその婚約者に語ったのは、夫婦でずっと秘密にしてきた重たい過去だった。

 太平洋戦争最末期、陸軍近衛師団の少佐真柴(堺雅人)は、参謀上層部に呼ばれて、ある極秘任務の命を受ける。それは、マッカーサーが大陸で造った金塊で山下将軍が奪取したものを、敗戦が明らかになった日本の再興のために隠すことだった。
 相棒として大蔵省のエリート小泉中将(福士誠治)と、実戦の猛者望月曹長(中村獅童)がついて、金塊をとある田舎町の陸軍工場に運び込むことになる。
 そのために集められた勤労学生だった20名の少女たち。
 戦時下の厳しい監視と思想統制の中、特高に目をつけられるほどの自由思想を以って慕われていた教師野口(ツースケ・サンタマリア)とともに、真実を知らされず、アメリカ軍の本土上陸を阻止するための新型爆弾と教えられた彼女たちは、純粋に「お国のために」と重労働にも文句を言わずいそしんでいる。
 配給される白米の握り飯に喜び、言動はぶっきらぼうで乱暴ながら心優しい望月に“赤鬼曹長”とあだ名をつけてはしゃぐ少女たち。
 プレッシャーの多い極秘任務の中で、この子たちの将来のための軍資金であることと、その無邪気な忠誠ぶりに心を癒されていた3人に、任務終了間近に下された命令は、秘密隠蔽のためとはいいながらあまりに非情なものであった…。

 苦しむ3人の抱える問題に気付いた時、少女たちのとった行動は――。
 そしてそれを知った大人たちの決断は――。財宝はどうなったのか――。

 重たい話である。
 この戦争末期、天皇陛下のために、と多くの悲劇が各地で起こっているが、そのひとつとして捉えられるエピソードといえる。
 少女たちの運命と決断は予測範囲の行動と結末でありながら、3人の軍人たちの慟哭にやっぱり涙腺が緩む。

 映画は、戦争末期の混乱やさまざまな動きを描いた作品にしては、3人の軍人と少女たちの作戦行動に終始し、その前後の配役は多いながら、主軸は最低限の舞台設定と登場人物にフォーカスしている造りがよりこの悲劇の物語を印象深くする効果を生んでいる。

 境雅人は、いつもの“泣き笑い”の表情が、微妙な差異により、冷酷、怒り、慈しみ、哀しみ、を表現して不思議な空気で全体を引っ張っていく。なんで同じ顔なのにここまで感情豊かになるのだろう…ある意味能面みたい。

 中村獅童は、安定した演技。武骨で不器用な、しかし繊細な心を持つ曹長の役をなんなくこなす。戦闘中に負傷したという足の引きずり方が上手すぎる。

 そして(個人的にこのところ悪役もでき、役柄の拡がりと端正な顔がお気に入りでひいき眼もありながら;笑)小泉中将を演じた福士誠治が彼らに引けを取らずに頑張っていたのがよかった。
 ちょっと堅物で、誇り高いエリート臭を漂わせ、しかし少女たちの末路に最も傷つき、戦後その能力をもってしてせめてもの(そして後の日本の経済復興に大きな助力となる)復讐を果たす彼の生きざまに、最も気持ちを沿わせて泣いた。

 この秘密の軍資金とは、「M資金」と言われる終戦時の混乱期に色々と取り沙汰されたGHQの極秘押収物や日銀資産流出事件などから噂され、大きな詐欺事件にも発展する闇の資産からの発想と思われるが、スパイものや軍部もので扱われることが多いこの要素を、その「隠匿」に関わった市井の人々の姿として集約させたあたり、浅田氏らしい発想だ。

 戦後の顛末は、正直なところその後の日本から創り上げたややご都合主義的で牽強付会な感は否めないが、悲劇に対するやり場のない怒りの溜飲はまあ下げられるし、これまた浅田文学らしい余韻の残し方かな、と思う。

 ひとつの戦争の悲劇とその後の日本を暗示する物語。そこにややミステリ的な財宝の行方というエッセンスを加え、読みものとしては泣けるエンターテインメント作品だ。
 軍命とはいえ、この非情な結果を招く任務についてしまった3人の大人たちに刻まれた傷と苦しみ、そして独り生き残ってしまった少女の罪悪感を思う時、その傷みは言葉にできず、財宝の末路と併せると、「日輪の遺産」というタイトルが持つ意味が異なる相貌を帯びてくる。

 ただ、原作は(読んでいないので)分からないが、少なくともこの映画、斜めな私のスタンスでは、どうしてもやや右傾化した日本礼賛のエッセンスを嗅ぎとってしまう。

 戦争には負けたけれど経済で米国を凌駕するという予言、軍命に反した彼らの決断、日本人の気骨に圧倒されるマッカーサーの行動など、“美しくて強い日本の心”みたいな印象がぬぐえず、いまなぜこの時勢にこの映画?という問いとともに、単純に感動できないなにかしこりのようなものを残した。

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chat_noir

Author:chat_noir
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タイム
検索フォーム


リンク
アクセスランキング
参加しています。よろしかったら投票お願いします。。




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。