FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女たちが紡ぐ「小説」と「現実」のタペストリー ―『倒立する塔の殺人』―

『倒立する塔の殺人』 皆川 博子 (PHP文芸文庫)


 大好きな皆川氏。
 恐らくはほとんどの作品を持っているのだが、この作品だけは、ヤングアダルト向けだったせいもあって、ちょっと措いていた。文庫化されたのを機に。

 とにかく美しく精緻な文章で、幻想と現実をみごとに融合させる氏の世界、(もちろん多作の中にはずれもあるものの)殊に思春期の少女たちの、無垢で残酷でそして淫靡な空気を描かせたら、並ぶもののない透明感と妖しさを引き出して独特のミステリを創り上げる。

 この作品も、ヤングアダルト向けだし、とやや軽んじていた己の短慮を思いっきり痛感させられた。
 舞台設定も、世界観も、内容も、まったく媚びていない。勝手に私たちが描いている「子供向け」のイメージを、みごとに裏切り、年齢に関わらず感受性は無限であることを改めて教えてくれる。
 かなりのご高齢にも関わらず、瑞々しくて美しい少女たちの昏い情念を相変わらず堪能させてくれることにも、ただただ感嘆するばかり。
 とにかくなんてかっこいいひとなのだろう、と。読むごとに惹かれてやまない作家である。

 時は太平洋戦争末期。優良子女の集まるミッションスクールで、一人の少女が死んだ。本土が米軍の爆撃に晒されるようになったこの時期、近しい人の死は決して珍しいことではない。しかし少女は学徒動員されていた生徒全員が防空壕に避難していた時になぜか教会で死んでいた。

 ますます厳しく体制の抑制を受けながら、なんとか教理と現実の矛盾をごまかしつつ続いていたこのミッションスクールの少女の間では、仲良しグループでの小説の回し書きが流行っていた。

 図書館の書架にひっそりと置かれていた一冊のノート。そこには、アール・ヌーヴォー調の薔薇文様の囲みの中に『倒立する塔の殺人』という不思議で不穏なタイトルが記されていた。模様もタイトルも手書きで付されたこのノートに惹かれたある少女が書いた物語を、次々と書き継いでいく女学生たち。

 彼女たちの現実と彼女たちが書き進めていく「小説」とが重なりあった時、それは現在とある過去をもつないで、死んだ少女の謎と、さらには秘められていた哀しくも恐ろしい犯罪をも明らかにしていく――。

 小説内「小説」の体裁を取りながら、その中にはしっかりと現実が反映されており、やがて現実と(「小説」という)架空との境があいまいになり、ついには逆転して「現実」を突きつける、眩暈をおこさせるような世界の構築と反転の構成は、相変わらずすばらしい。

 女子校特有の上級生への憧れや下級生への寵愛が、少女たちの夢見がちであるゆえに残酷で、同時に日本の、大人たちの身勝手や狂気の体を冷静に分析する醒めた現実性を持つゆえに極端な愛憎となって、彼女たちの美しくて妖しい時空を彩っている。
 少女たちそれぞれの個性の造形もとても活き活きとしている。

 “甘やかさ”がある意味で分かりやすい少女たちの言動を導きながらも、気づくとそこに含まれた毒に冒されている私たちがいる。

 底辺に流れているのは、ドストエフスキーの『白痴』であり『罪と罰』であり、シーレやムンク、ルドンといった20世紀初頭の(当時では)現代美術であり、このあたりの奥の深さも皆川氏ならでは。

 同時に描かれるのは、そうした文化を押さえつけ、規制し、否定する、さらには簡単に家や家族や友達を奪う、戦争という巨大で理不尽な暴力である。

 戦時中には敵国のものとして禁じられてきたこれらに共感する少女たちの感受性と豊かな想像力は、規制や抑制では消えない、年齢や環境に関わらない永遠の「力」であることを、そしてその「力」は、少女たちの潔癖で、無垢で、それと同じくらい隠微で、背徳的な、光と闇の双方であることを、みごとに描き出している。

      「あのころより今のほうが読解力が進んだとは思えない。今、
      読んで面白い本は、十歳のときよんでも面白かったのではないか。」


 少女のひとりに語らせる言葉は、シーレの自らを剥いでいくような絵の痛々しさに惹かれ、ルドンの悪夢のような不気味さに魅せられ、レンブラントの光と闇に感銘し、ハルスの活き活きとした人物描写に息を飲んだのと同じように、氏の経験から出ているのだろう。(巻末にメッセージと共に小説に登場した画家の作品が載せられているのも知らない人にはよいガイドとなっている)

 それは、YA文庫として出会った少年少女たちへのエールであり、もっと深い世界への興味を喚起させるきっかけであるとともに、私たちへのメッセージであり、警告でもある。

 美しくも不穏で妖しい思春期を戦争という悲惨の中で過ごした彼女たちは、そうした闇を見てなお、いや、闇を見たからこそ、軽やかに、力強く光へと生きていく。
 ただひとり、闇に捕らわれてしまった、“少女”を引きずる女を残して――。

 もう一度ドストエフスキーを読みなおしたくなった…。



スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chat_noir

Author:chat_noir
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タイム
検索フォーム


リンク
アクセスランキング
参加しています。よろしかったら投票お願いします。。




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。