FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dの効果が活きるドキュメント ―『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』―

『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』 監督 ヴィム・ヴェンダース


pinaチラシ
 『ベルリン―天使の詩』や『パリ―テキサス』、『東京画』で、詩的で静かな映像美を見せてくれてたヴェンダースが、3D映像を手掛けたということで、久しぶりに彼の作品を観に行った。
 このところドキュメンタリーが多い彼の作品、『東京画』でその力は分かっているものの、物語性が欲しくてなんとなくご無沙汰していた。

 ダンスはあまり接する機会のない私にはピナ・バウシュというダンサーについても知識は皆無。2009年に制作が始められようとしたその時にガンのために彼女が亡くなり、いったんは中断したものの、バウシュの遺志を継いだ弟子たちの励ましもあり、彼らのモノローグを交えて、追悼ドキュメンタリーの形として結実したものだという。

 彼女が振付をした四季を現わすゼスチャーを、舞踏団のメンバーが列をなして繰り返す映像から始まる。
 映画館の観客は、ちょうど舞台のそれを観ているような形で3D体験しつつ、各団員のアップによるピナへのメッセージと彼らのオリジナルダンス、彼女の舞台を再現した映像、そして二次元のピナ自身の舞踏映像がコラージュされていく。

 追想のピナのダンスシーンやインタビューシーンの二次元映像と、彼女に触発され、あるいは勇気づけられ、自信を与えられ、個性を引き出された舞踏団のメンバーのモノローグが、彼ら自身のオリジナルダンスと再現ダンスの三次元映像へとつながっていくその造りは、単に舞踏の臨場感や迫力を感じるにとどまらない3Dの魅力を引き出している。

 それは、敢えて映像の中に舞台を観ている観客のシルエットまで嵌めこみ、時にはドールハウスのようなミニチュアの世界に踊り手を配し、「映像としての3次元」を強く意識したものとなっているためだろう。
 追悼のメッセージを強く感じさせる2次元のピナの映像との対比もとても効果的だ。
 ハリウッドの最近の作品に見られるような、単純な3D化とは一線を画しているところがヴェンダースだ。

 そして何よりも、その詩情豊かで、温かい悲哀を湛える作品全体の空気は、『ベルリン―天使の詩』から変わっていない。
 
 崖の上で四季のダンスを列なして終わるラストへの円環は、そこまでに描かれる、ピナがその生涯をかけて追求した、人体という有限が自然や環境、感情や人生を無限に表現できる可能性と、そして彼女が形にしてきた実績が、その後継へと脈々と伝えられていくことを暗示する。
 センチメンタルなまでの情感が、なんとなくシュールな世界にストーリーにならないストーリーとして、みごとな映像美に結実している。

 また、後継のダンサーたちのオリジナル舞踏が、いずれもなんらかの軛や不自由からの解放を求めるようなテーマを持っているあたりは、東西ドイツ統一後の社会的な問題をも感じさせ、大戦後に分断されたベルリンを切ないラブ・ストーリーに描いた『天使の詩』に通じるか。

 もちろん、3Dとしての迫力は舞踏という映像にとても合っている。飛び散る汗、肉体の躍動感、舞台の奥行きの実感、どれもまるでその場で鑑賞しているような体験を与えてくれる(だからこそ舞台設定を入れ込んだヴェンダースの意図も活きてくる)。

 あまり映画が3Dであることに意義を見いだしていなかったのだけれど、こうした“造り”という技術として活かされた時、それはまた新しい魅力を持つことを教えてくれた。
 各自のオリジナル・ダンスも個性豊かで見応えがある。

 新たな技術を取り入れて、変わらないヴェンダースを味わえる。
 次回はぜひ、ドキュメントではないヴェンダース作品で会いたいな。

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chat_noir

Author:chat_noir
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タイム
検索フォーム


リンク
アクセスランキング
参加しています。よろしかったら投票お願いします。。




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。