スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非情と人情と“オチ”が絶妙の落語ミステリ ―『三人目の幽霊/七度狐/やさしい死神』―

『三人目の幽霊』
『七度狐』
『やさしい死神』 大倉 崇裕 (創元推理文庫)



 あまりの蒸し暑さを言い訳にずいぶんとご無沙汰に…。
 相変わらず未読の山も高くなる一方で、既読まで小山になって(汗)。

 順不同で少しずつ挽回。

 これまた同僚が貸してくれたミステリ・シリーズ。
 噺家の世界を舞台に、実際の落語のオチをからめた連作集。

 念願の大手出版社に入社できたものの、上司と、部下は自分だけの落語専門誌の担当に配属された新人編集者 間宮緑。
 辞令を見た瞬間に辞表を出そうかと落胆するも、異動のチャンスもあろうと、とりあえずこれまで聴いたこともなかった落語の世界を、「季刊落語」の内容を、見てみることに気持ちを入れかえる。

 上司の編集長 牧大道はこの道30年のベテラン。生来の落語好きで、その知識と感覚が培った業界での信用とネットワークの強さもさることながら、人並み外れた洞察力の鋭さで、師匠たちにも頼りにされている。

 落語のしきたりや作法、楽しみ方と業界慣例などを学びつつ、ある意味、特殊な世界に起こるさまざまな事件に巻き込まれていく緑。
 ほとんど話を聞いただけでその真相を見破ってしまう牧を名探偵(まさに安楽椅子探偵…)に、彼に振り回されつつも少しずつ落語の魅力に、その芸の深さに嵌っていく緑をワトソン役に、厳しい徒弟制度の中で己を磨く噺家たちの、芸人としてのそして人間としての喜悲劇や周囲の人間たちの思いの絡んだ事件が、落語ネタとシンクロして繰り広げられていく。

 基本的には短編、起こる事件も「日常の謎」的なもので(とはいっても落語界という特殊性は強いが)、寄席を巻き込んでのお家騒動であったり、席亭の落語界を思う一念であったり、弟子たちの師への遠慮であったり、噺家たちの家族や妻への愛情であったり、時には緑の周囲の人間の不審な行動であったりしながら、ほのぼのとした温かさやもの悲しさ、そして芸事に向かう人間の業の深さや狂気にも通じる厳しさが残る造りになっている。

 まさに落語のオチが生み出す妙味ともいえる可笑しみと切なさを持っており、それぞれに付される小噺との絡みも絶妙で、なんとなく結末が分かってしまっても、最後を楽しめるところまで「落語」モノとしてまとまっているのが憎い。
 まあ強いて言えばやや探偵役 牧の推理があまりにも抜きん出ているかな、と思わなくもないが、それが展開に適度なスピード感を与えれくれるので、「それはそれ」として楽しめる。

 2作目だけはタイトルの落語になぞらえた、名跡継承をめぐった骨肉争う落語会の場で起こる連続殺人事件の長編で、どの作品よりも血なまぐさい展開に、名を襲うことの重さや厳しさ、それを欲する執念を表した重めの物語となっているが、交通の便の悪い山間の寒村で起こる地位簒奪のための殺人事件にしてはいまひとつ陰惨さが伝わってこ来ず、やや冗長な感を残しており、切れと完成度は断然短編集である1作目と3作目がよい。

 時に仕事よりも舞台を優先し、締切も守らずに行方不明になる編集長牧に、大きな信頼を寄せながらも、(仕事に慣れてきて)ビシビシ嫌味と叱咤をかける気の強い緑のコンビ、謎の解明も落語の聴講も一瞬を逃さない洞察力が大事と、答えを迫る緑に飄々と、あるいはピシリと答えをはぐらかして引っ張りまわす牧のふたりのやり取りが、落語のリズムと相まって程よいユーモアと軽さを生む。
 さりげなく描写される浅草隆盛時代と月島へ移ってからの寄席の風景に、落語の歴史をなぞっていけるのも楽しい。

 そしてこの牧の人物造形と、落語という「芸」に一生をかける噺家たちの生きざま、物語の顛末が持つ非情と人情のバランスがとてもよい。
 人の気持ちをとても大事にする牧が、時に落語の隆盛のためには敢えてそれを踏みにじるような言動をして緑をぞっとさせるあたり、犯罪と知りながらも、己のあるいは一門の「芸」を守るために行動を起こし、一方ではどうにもならない愛に一線を超える名人たちのそれぞれのエピソードに精緻に織り込まれている。

 笑いはそれだけで成立するものではなく、人間の喜怒哀楽を深くえぐった描写であるからこそ、共感を呼び、愛され、語り継がれていく。
 寄席の舞台は「ハレ」の場、そこに「ケ」の私情が持ち込まれることは許されない。しかしながら、「ケ」の日々の積み重ねがその「ハレ」により厚みと滋味をもたらしていく。
 語り手の存在が消え、その声音としぐさに、聴き手が語られる世界そのものに入り込んでしまう名人たちの「落語」が輝くのも、そうした非情と人情の微妙で繊細な一線に立つからといえるか。

 落語ファンならばタイトルだけでもニヤリとしてしまう面白さを感じるのだろうな、とも思うが、逆によく知らなくても、挿入される「あらすじ」は、ストーリーを阻害しないスマートさでわかりやすく、この連作ミステリの魅力を増すことはあっても減じることはない。

 授業をさぼって時間つぶしにたま~に入り込んでいた寄席、それっきりで聴いた噺の記憶もおぼろ、数も増えず、系統だてて嵌る機会もないままに、すっかり遠のいていた落語を改めてきちんと聴きたくなった!





スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chat_noir

Author:chat_noir
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タイム
検索フォーム


リンク
アクセスランキング
参加しています。よろしかったら投票お願いします。。




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。